【Mr.Children】「重力と呼吸」レビュー②

Mr.Children

 前回

の続き。

 今回から、「重力と呼吸」の中から私が気に入った曲を1曲ずつレビューしていく。


Your Song

Mr.Children「Your Song」MV

 「重力と呼吸」の1曲目を飾るロックバラード。

 最初に聴いたときは「微妙か?」と思ったが、繰り返し聴く内にハマっていった。
 最初に感じた違和感は他の人たちも感じていたようで、どうも「Mr.Childrenっぽくなく」て「あるバンドを意識して作られているよう」だと言う。
 (「あるバンド」は若手バンドの名前だった気がするけど忘れた。)

 この曲を聴く中で気づいたことが1つある。
 それは、バラードなのに「好き」とか「愛」とかバラードの鉄板単語が1つも入っていないこと。
 しかしそれでいて、歌詞からは「君」を想う気持ちがありありと伝わる。
 ありきたりな言葉を連ねたバラードが多い中でこの曲が注目され、バラードの在り方に一石を投じるような存在になってくれたら嬉しい。

時に僕が窮屈そうに囚われている考えごとに
なんてことのない一言で この心を自由にしてしまう

Mr.Children「Your Song」

海にて、心は裸になりたがる

Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」from Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

 2曲目というアルバムにおいて大事なポジションを担うのがこの曲。

 体全体を気持ち良いほど爽快に突き抜けていくロックナンバー。
 初めて聴いたとき「これ絶対ライブで盛り上がる」と感じた。

 ライブで1曲目に披露するイメージだったが、「Tour 2018-19 重力と呼吸」と「Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”」のいずれでも本編後半での披露。
 「Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”」 では本編ラストに披露されたが、それでも盛り上がり方が尋常じゃなかった。

 ぜひまたライブでこの曲にお目にかかりたい。
 そしてできれば、1曲目に据えて会場のボルテージを一気に上げる起爆剤になってほしい。

重箱の隅をつつく人
その揚げ足をとろうとしてる人
画面の表層に軽く触れて
似たような毒を吐く

Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」

SINGLES

Mr.Children 「SINGLES」 MUSIC VIDEO

 「重力と呼吸」3曲目。

 個人的に「3曲目」というのは、初めてアルバムをフルで聴き始めた際、1、2曲目にはあった高揚感が薄れてきて印象に残りづらいことが多い。
 しかし、この曲に関しては全くそんなことはなかった。
 むしろ「重力と呼吸」の中で個人的に1位、2位を争うほど好きな曲だ。

 「COUPLE」だった2人が別れると1人の2人、つまり「SINGLES」(1人の複数形)になる。
 曲を聴きながらこの曲名の意味を理解したとき、思わず感動した。

楽しいのは今だけ
自分にそう言い聞かせ
少し冷めた感じで
生きる知恵もついたよ

Mr.Children「SINGLES」

 

 続きはこちら。


コメント

タイトルとURLをコピーしました