【Mr.Children】擬態

Mr.Children
擬態 / Mr.Children

「エソラ」の相方

 この曲を知って以来、擬態という言葉のイメージカラーが完全に青になってしまった。

 疾走感あふれるメロディながら、そこに乗る歌詞は固く抽象的。
 こうしたギャップに魅力を感じる。

 「名もなき詩」同様、Cメロから大サビへの流れが一番のお気に入り。

 個人的には「エソラ」の相棒に当たる曲。
 プレイリストでこの曲を入れた後には、必ずと言っていいほど「エソラ」を据えている。

ライブでの「擬態」

 個人的ベストテイクは「Stadium Tour 2015 未完」
 注目は2番のサビ以降。
 背景に映し出されるアニメーションが素晴らしく、MVにして発表して欲しいと思った。
 特に大サビに入る直前にクジラが現れたときは「SENSEだ!」と思い、つい涙ぐんでしまった。
 そして大サビは桜井さんのフリで6万9000人の大合唱。
 ここまでの映像を観たとき、私はこのライブに足を運ばなかったことを後悔した。

 次点で好きなのは「STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-」
 「エソラ」の記事でも紹介したが、本曲と「エソラ」が連続で演奏されている。
 本ライブではこの流れが一番のお気に入りで、今もこの部分だけを何度も観返してしまう。

収録情報

 アルバム
 ・SENSE
 ・Mr.Children 2005-2010 <macro>
 ・Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25

 ライブビデオ
 ・Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”
 ・Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
 ・Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
 ・Mr.Children Stadium Tour 2015 未完

今にも手を差し出しそうに優しげな笑顔を見せて
水平線の彼方に希望は浮かんでる

Mr.Children「擬態」

 

 END

 

 ※追記
 Sランク曲その4「進化論」執筆。


コメント

タイトルとURLをコピーしました