【Mr.Children】名もなき詩

Mr.Children
Mr.Children「名もなき詩」Mr.Children "HOME" TOUR 2007 ~in the field~

この曲でMr.Childrenにハマった。

 殿堂入り1曲目。
 私がMr.Childrenを本格的に好きになったきっかけを作った曲だ。

 中学3年のときだった。
 母に何げなくMr.Childrenで一番好きな曲を訊ねたときに回答してきたのがこの曲だった。
 実家にあったベストアルバムでこの曲を聴き、Cメロから大サビへの流れで完全に打ちのめされた。

 当時、音楽にあまり興味がなく、好きなアーティストも特にいなかった。
 90年代の曲を時代遅れの曲と勝手に決めつけて、積極的に聴くこともしなかった。

 この曲との出会いをきっかけに、音楽に対する見方がガラリと変わった。
 Mr.Childrenに興味を持ち、昔の曲も聴くようになったのだ。

 この曲と出会わなければ、他の数々の名曲にも出会えなかったかもしれない。
 Mr.Children好きの友人と会話が弾むこともなく、逆にMr.Childrenを知らない人に紹介して喜ばれることもなかったかもしれない。

 この曲がなければ、間違いなく今の私はこの世に存在しない。この曲との出会いをただただ感謝する今日この頃だ。

ライブでの「名もなき詩」

 Mr.Childrenのライブでは定番曲。

 特に1番のサビを観客に歌わせることが多い。
 (2011年の「Tour 2011 “SENSE”」では例外的に2番を歌わせていたけど。)

 その中でも個人的なベストテイクは、1999年の「TOUR’99 DISCOVERY」
 特に、北海道公演を録音したライブアルバム「1/42」に収録されている「名もなき詩」は最強。
 声の調子、ギターが前面に出たバンドサウンド、どれも文句なしのテイクだ。

 これに次ぐのは2017年の「DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」
 これは「Thanksgiving 25」に共通して言えるんだけど、声の調子が半端なく良い。
 特に今までのライブでは、大サビの転調部分で声が掠れることが常だったが、この「Thanksgiving 25」では声が掠れることなくのびのびと歌い切っている。
 大サビの歌唱だけで見れば文句なしのベストテイクだ。

収録情報

 アルバム
 ・深海
 ・Mr.Children 1996-2000
 ・Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving25

 ライブビデオ 
 ・regress or progress ’96-’97 tour final IN TOKYO DOME
 ・Mr.Children TOUR ’99 DISCOVERY
 ・Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001
 ・wonederful world on DEC 21
 ・Mr.Children Tour 2004 シフクノオト
 ・MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 “I ♥ U” 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
 ・Mr.Children “HOME” TOUR 2007 -in the field-
 ・Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME
 ・Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”
 ・Mr.Children REFLECTION{Live&Film}
 ・Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25
 ・Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”

あるがままの心で生きようと願うから 人はまた傷ついてゆく
知らぬ間に築いてた 自分らしさの檻の中でもがいているなら
誰だってそう 僕だってそうなんだ

Mr.Children 「名もなき詩」

  

END

 

 ※追記
 殿堂入り2曲目「終わりなき旅」執筆。


コメント

タイトルとURLをコピーしました