【東京事変】お気に入り曲集~「深夜枠」編~

東京事変

 前回

にて、実質ラストアルバムである5thアルバム「大発見」から3曲を紹介した。

 最後に、東京事変のカップリングアルバム「深夜枠」より、個人的隠れ名曲2曲を紹介する。


ピノキオ

 アルバム「深夜枠」の5曲目であり、4thシングル「OSCA」のカップリング曲である。
 「深夜枠」を初めて聴いたときから気に入っていた、私としては珍しい曲だ。

 歌詞の内容はタイトル通り「人間とピノキオ」とのことだが、作詞作曲をした伊澤はピノキオの話を良く知らなかったらしい。

 ライブでの披露は今のところ「live tour 2007 Spa & Treatment」のみとなっている。
 演奏と歌唱自体は原曲に忠実で完成度が高い。

 しかし、1番のAメロ部分で観客の声が入ってしまっているの。
 と言うか、演奏中なんだから静かにしてほしい。
 完成度が高いだけに、そのガヤ声が無駄に気になってしまうのが残念でならない。


縛られた心地
誘導された口が悪
指帰を広めてる

東京事変「ピノキオ」

落日

 アルバム「深夜枠」9曲目であり、3rdシングル「修羅場」のカップリング曲である。
 歌詞はMr.Childrenの「花の匂い」同様、「死」や「別れ」をテーマに書かれている。

 こちらも「深夜枠」を初めて聴いたときに気に入った曲。
 しかし、個人的には初めて聴いた感じがせず、どこか懐かしさも覚える曲だった。

 本曲は「“DOMESTIC!” Virgin LINE」「“DOMESTIC!” Just can’t help it.」の2つのツアーで披露されている。

 「“DOMESTIC!” Virgin LINE」では原曲に忠実なパフォーマンス。

 「“DOMESTIC!” Just can’t help it.」では林檎さんがギターの弾き語りから開始するアレンジが加えられており、より感情が籠った独特な歌唱が特徴的だ。



独りきり置いて行かれたって
サヨナラを言うのは可笑しいさ
丁度太陽が去っただけだろう
僕は偶然君に出遭って
ごく当たり前に慈しんで 夕日を迎えた
さあもう笑うよ

東京事変「落日」

終わりに

 今回をもって、東京事変のお気に入り曲紹介はひとまず終了である。
 最後の曲を「落日」で綺麗に終えられたのには、個人的に満足している。

 椎名林檎名義でも好きな曲はあるが、個人的にはやはり「東京事変」が好きであり、いつかまた5人が集った姿を観てみたい。
 期間限定の再結成でもツアーを開催してくれるなら、喜んで応募したい。

 またあなたに会えるのを、楽しみに待って…
 
 
 END



コメント

タイトルとURLをコピーしました