Mr.Children

Mr.Children

私が最も敬愛するバンド

 初めてアルバムを自作したのが中学2年のときだったと思う。
 ただ当時は、90年代の曲を「時代遅れ」と決めつけ、2000年代の曲しか聴いていなかった。

 そんな考えを改めたのは中学3年のとき。
 「名もなき詩」を初めて聴いて衝撃が走った。
 CDラジカセで自室にこの曲をかけ、何度も何度も聴いた。
 そして、他の曲にも興味が出て聴き始めた。
 「innocent world」「Tomorrow never knows」「終わりなき旅」「HERO」…
 気が付くと、私は完全に彼らの虜になっていた。

 彼らを追いかけて、もう10年以上になる。
 今でもこうして、彼らが精力的に活動してくれている事実は、私にとって数少ない人生の救いだ。

思い入れの強い曲たち

 誰得かは置いといて、私個人のMr.Childrenで特に好きな、思い入れの強い曲を紹介する。

  1. 名もなき詩
  2. 終わりなき旅
  3. HERO
  4. エソラ
  5. fantasy
  6. Any
  7. 擬態
  8. 進化論

 1~5は殿堂入り、6~9はSランクといったところ。

 ナンバリングはそのまま「好きな順」ではなく、1~5は殿堂入りを果たした順、6~9は付き合いが長い順。

 この9曲は思い入れも深いので、今後1曲ずつ記事にして紹介していこうと思う。

好きな曲たち

 上記ほどではないが、好きな曲たちもたくさんある。
 それこそ多分数えきれないほどだと思うが、とりあえず思いつくまま片っ端から挙げてみる。

  • ovreture~蘇生
  • タガタメ
  • Starting Over
  • 箒星
  • Sign
  • くるみ
  • しるし
  • 優しい歌
  • 横断歩道を渡る人たち
  • CENTER OF UNIVERSE
  • Worlds end
  • NOT FOUND
  • LOVEはじめました
  • I
  • 365日
  • 花の匂い
  • かぞえうた
  • 星になれたら
  • CROSS ROAD
  • innocent world
  • Tomorrow never knows
  • everybody goes-秩序のない現代にドロップキック-
  • 【es】~Theme of es~
  • シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
  • 花 -Mement Mori-
  • マシンガンをぶっ放せ
  • タイムマシーンに乗って
  • ALIVE
  • 旅人
  • デルモ
  • ニシエヒガシエ
  • 光の射す方へ
  • I’ll be
  • アンダーシャツ
  • Simple
  • Image
  • Surrender
  • つよがり
  • 口笛
  • Hallelujah
  • 安らげる場所
  • 1999年、夏、沖縄
  • Heavenly kiss
  • youthful days
  • 渇いたkiss
  • ファスナー
  • Drawing
  • いつでも微笑を
  • It’s a wonderful world
  • 言わせてみてぇもんだ
  • PADDLE
  • Pink ~奇妙な夢
  • 天頂バス
  • 未来
  • 僕らの音
  • and I love you
  • CANDY
  • ランニングハイ
  • 彩り
  • Another Story
  • もっと
  • フェイク
  • ポケット カスタネット
  • SUNRISE
  • あんまり覚えてないや
  • ひびき
  • ほころび
  • HANABI
  • GIFT
  • 少年
  • 口がすべって
  • 風と星とメビウスの輪
  • ロックンロールは生きている
  • fanfare
  • hypnosis
  • Marshmallow day
  • End of the day
  • 常套句
  • 過去と未来と交信する男
  • Happy Song
  • 祈り~涙の軌道
  • 足音~Be Strong
  • FIGHT CLUB
  • 斜陽
  • I Can Make It
  • ROLLIN’ ROLLING ~一見は百聞に如かず
  • 運命
  • WALTZ
  • 幻聴
  • 未完
  • お伽話
  • Your Song
  • 海にて、心は裸になりたがる
  • SINGLES
  • 秋がくれた切符
  • himawari
  • 皮膚呼吸

 ・・・挙げるだけでかなり疲れた。

 彼らはジャンル別にわけて記事にしようと思う。

まとめ

 私は音楽に関しては雑食で、気に入った曲はアーティストやジャンルを問わず素直に受け入れられる。

 そんな私がここまで入れ込むアーティストはMr.Childrenだけだ。

 私が真っ当に生きていれば、必ず、彼らの方が先に、この世から去ることになる。
 そのとき、私はただひたすら嘆き悲しむより、今まで本当にありがとうと、彼らの旅立ちを受け入れ、感謝できるよう願うばかりだ。

 

 ※追記
 殿堂入り1曲目「名もなき詩」執筆。


コメント

タイトルとURLをコピーしました