【備忘録】訪問販売(もどき)にムダな時間を費やした話

備忘録

 独り暮らしの人なら必ず経験するであろう、勧誘や訪問販売への対応。

 私も例にもれず、ここ数年の一人暮らしで何人かそういった輩の相手をしてきた。

 

 ただ最近、ちょっとした凡ミスで訪問販売(もどき)にムダな時間を費やしてしまったので、反省の意も込めてそのときのやりとりを記録しておく。


インターホン越し

 ピンポ~ン

・・・??

 突如鳴ったインターホン。
 そのとき、私の頭の中では疑問符がいくつも浮かんでいた。
 宅配を頼んでいないのに、誰が来たんだ?

 モニターを確認すると、私より少し年上くらいの男が立っていた。
 当然知らない顔。
 とりあえず、インターホン越しに対応する。

はい。

こんにちは。
ゴニョゴニョゴニョの○○と申します。
税金の関係でお話をしに参りました。

 こうやって文面で起こしてみてもやっぱり怪しい。
 まず、名乗る前の肩書なり、身分を示す部分が全く聞き取れなかった。
 そして要件が曖昧過ぎる。
 「税金」のどういった関連の話だ?

 だが、そのときの私は

役場の人か?

と勝手に予想して、ドアを開けてしまった(ただしチェーンロックは外していない)。

 これが完全なる判断ミスだった。
 私はこの選択をしたことに、即刻後悔することになる。

玄関対応

 ドアを開けると、そこにはネームプレートを首から下げた中肉中背の男が立っていた。

こんにちは。
私、こちらの地域を担当させて頂いている○○と申します。
現在ですね、若い一人暮らし世帯の方を対象に、税金還付のシミュレーションのご案内をさせて頂いております。

税金還付のシミュレーション?

 男の話によると、若くてまだ収入に伸びしろがある段階だと、税金が無駄に徴収されている可能性が高いという。
 そして、その収入や所得税等の情報を取り込んでシミュレーションをすることで、実際にどれだけ無駄に税金が徴収されているかが判明するという。

 怪しさ全開である。
 この男、無駄に徴収された税金は確定申告で還付されることを、私は知らないとでも思っているのか?
 この時点で、私はもうこの男に疑いの目しか向けず、適当なところで切り上げようと思った。

面倒なことになった・・・
なんで開けちゃったかなあ・・・

 だが、男はそんなことは知らず(察しても気づいていないふりをしているだろう)、私に表を私に見せながら質問する。

年収はどれくらいですか?

大体○○〇万円です。⇐実際より少なく言ってる。

所得税は?

ああ~わかりませんねえ。

住民税は?

いやあ~わかりませんねえ。

そうですか・・・
あのチェーンロック外していただけます?
これじゃあ見えづらいでしょう?

いえ、十分見えます。

 何開けさせようとしてんだ。

 その後、男は色々話を繰り出してきたが、内容は覚えていない。
 右から左へ受け流して、向こうから何か尋ねてきたら即行終わらせてやろうと思っていたからだ。

~~~というわけです。
どうでしょうか?
もしご興味がおありでしたら次回お伺いする日をお聞きしても

結構です。

え?

興味ないんで、お引き取りください。

え??いや、あの

ガチャ。カチャ。

 扉を閉めて、鍵をかけて、はい終了。

 その後は特段、インターホンを鳴らされたりすることもなく素直に立ち去ってくれたようだ。

終わりに

 対応した時間は20分ほど。

 本当、無駄なことに時間を費やしてしまったと思う。

 後でちょっと調べたが、節税対策を話のネタに訪問販売してくるのはやはり不動産会社の人間らしい。

 

 でも、おかげで(?)1つの方針が固まった。

 全く知らない人からのアポなし訪問は全部居留守を決め込む。

 時間を無駄にせず、こちらもあちらも幸せになるには、これが一番だ。

 

 END


コメント

タイトルとURLをコピーしました