【Google AdSense】初心者が開設した雑記ブログが審査を通過するまでにやったこと

アフィリエイト

 Google AdSenseの審査を本ブログが通過した。

 ブログ開設日が2019年3月11日。
 Google AdSenseに申し込んだのが2019年3月31日。
 通過したのが2019年4月7日。

 開設から1か月足らずのブログが、1週間で審査を通過したことになる。

 こんなに早く通過するとは思わなかった。
 そもそも、落ちても仕方ないかくらいなノリで申し込んでたので少々ビビってる。

 いかんせん雑記ブログだし、開設してから日も浅く訪問者なんて皆無だったし。
 (一般論として、雑記や日記ブログより、テーマを絞った解説ブログやノウハウブログの方がGoogle AdSenseの審査を通過しやすい、らしい。)

 だが、PVゼロの雑記ブログでも通過したのは事実。
 ここで、私が審査通過までの1週間に何をしていたのかまとめてみようと思う。
 少しでも参考になれば幸いだ。

毎日記事を投稿

 どこでも言われていることだろうが、とにかく記事は毎日投稿した。
 毎日記事を書くわけではなく、書けるときに書き溜めておいて、1日1記事を予約投稿していった。

 ただ、よく言われる1記事1000文字以上は必ずしも守っていない。
 「1000文字書けないなぁ」という記事は無理をして書かず、書ける記事は書く感じだ。

 もちろん、1つの記事で話題が二転三転するような書き方はしていない。
 今持っている技術で、なるべく読みやすい書き方をするように心掛けている。

 記事執筆に関しては、ぶっちゃけこれくらいだ。
 特に何か裏ワザとか、特別なことはしていない。

 ちなみに、審査通過時の投稿記事数はちょうど30記事だった。
 もしかしたら、30記事というのが1つのボーダーラインなのかもしれない。

プライバシーポリシーと免責事項の記事を作成

 これが一番デカかったんじゃないかと思っている。

 色々調べていると「プライバシーポリシーと免責事項のページは必須」という記述をいくつか見かけたので作成したのだ。

 実際、Google側も「プライバシーポリシーには下記の情報を記載する必要がある」と、プライバシーポリシーの存在を前提にした上で、記載必須の情報を明文化している。
 参照:必須コンテンツ – AdSense ヘルプ

 幸いにも、書き方についてはググったら調べられたので、いろいろなページを参考にしつつ書いた。

終わりに

 書いてみたらあっけなかった。

 正直、これぐらいのことしかやってない。

 つまり「プライバシーポリシーと免責事項の記事を作り、毎日記事を投稿し続けた」ら審査が通ったということだ。

 肩透かしをくらった方が多いかもしれないが、これが事実である。

 色々な実例や失敗談が出ているが、結局は「やってみないとわからない」ということなんだろう。

 さて、無事に審査を通過したが、本番はこれからだと思う。

 私が発信した思考、知識、経験がどこまで蓄積されるのか。

 その結果として、このブログが多くの人にとって有益な情報を提供する場になってくれればと思う。

 

 END

 

 ※追記
 Google AdSenseの審査通過後にちょっと戸惑ったことがあったので記事にした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました