【Amazon アソシエイト】開設して1ヶ月の雑記ブログが承認されるまでにやったこと

アフィリエイト

 本ブログのAmazon アソシエイト・プログラムへの参加が承認された。

 ブログ開設から承認を得られるまでの期間は下記の通り。

 2019年3月11日 本ブログ開設
 2019年4月17日 Amazon アソシエイト・プログラム参加申請
 2019年4月18日 Amazon アソシエイト・プログラム参加承認

 ブログ開設から1ヶ月だが、申請日の翌日には承認された。

 ブログの現状としては依然、WordPress初心者あるある(?)の閑古鳥が鳴いている状態。

 とりあえず「これが承認に影響したんでないか?」ということをまとめてみることにする。

毎日投稿&プライバシーポリシー記事作成

 詳細は、Google AdSenseの審査に通過した際に書いた記事

に書いてある。

 要は「毎日記事を投稿して、プライバシーポリシーと免責事項の記事を作ろう」ということである。

 Google AdSense通過後も記事は毎日投稿していたし、プライバシーポリシーも適宜改訂していた。

 特にプライバシーポリシーに関しては、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約の第10項に表示義務が明記されているので、必ず作成すること。
 参照:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

購入履歴があるAmazonアカウントで申請

 私はすでに購入履歴があるAmazonアカウントを持っていたため、それを使って申請した。

 申請時はよく考えていなかったが、後になって考えてみると、これって結構重要じゃないかと思う。

 Amazon側にとってアソシエイト参加者はお金を支払うビジネスパートナーであるわけだから、信用できる人間を参加者に選ぶのが自然だろう。

 そして、その信用度を推し量る基準の1つに「Amazonのサイトを利用して買い物をしたことがあるか否か」というのがあっても、なんら不思議ではない。

 考えてみてほしい。
 「私はお宅の商品を買ったことはないけど、お宅が扱っている商品を私の客に紹介したいです」
 なんて言ってくる人間を信用なんてできるだろうか?

終わりに

 今回も少ないが、正直これくらいしか思いつかない。

 他のサイトでは

 ・半年はサイトを運営しないとダメ
 ・フリーメールアドレスで登録したアカウントではダメ
 ・ほかの広告が既に貼られているとダメ

 とか言われてるけど、本ブログの申請時は

 ・開設して1ヶ月
 ・Gmailで登録したアカウント
 ・Google AdSenseを利用済

 であり、あまり関係ないように思える。

 結局は「Amazonから信用を得られるかどうか」が一番の勘所なのではないかと思う。

 あまり大したことは書けていない気がするが、こんな記事でも役に立つなら幸いだ。

 

 END

コメント

タイトルとURLをコピーしました