イチロー選手引退に寄せて

スポーツ

 来るときが来たわけだが、やはり寂しい。

 自分は野球をやってきたわけじゃないが、テレビを通して何度もその活躍を見てきたし、言い方はおこがましいかもしれないが、それなりに愛着を持っていた。

 すぐに思い浮かぶのは、2009年のWBC、決勝の韓国戦での決勝打。
 ボールがセンターを抜けた瞬間に声を上げて喜んだことを、今でも覚えている。

 フェデラーもいずれは、こういった形で引退することになると思うと、まだプレーが見られる今の内に、彼の生き様をしっかりこの目に焼き付けておきたいと思った。

 ありきたりな言葉になってしまうが、イチロー選手、長い間本当にお疲れさまでした。
 どうぞ存分に、第二の人生を謳歌してください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました