【小林さんちのメイドラゴン】単行本第12巻感想

マンガ・アニメ

 「小林さんちのメイドラゴン」の詳細は下記を参照。

 

 アニメ2期が終わって3ヶ月・・・あれ?まだ3ヶ月?

 半年前くらいに前に終わった気がしていた。

 ここ最近では珍しい時間間隔のずれ。

 次のアニメ化があるにしても、カンナの父親編は避けて通れないんだよな…

 劇場版?・・・現実的ではないな(あったらあっただ嬉しいが)。

 この12巻の内容も、やるとしたら劇場版なんだが、どうするんだ?


各話感想

 この12巻は長編「エルマの結婚編」をまとめたもの。

 11巻の最終話で、エルマに政略結婚の話が持ち上がり、エルマ本人は受諾済みであることをトールに明かした。

 当然結婚すれば、トールたちが今暮らす世界から離れることになる。

 反対するトールはテルネに真っ向勝負を挑むが、あえなく敗れてしまう。

 果たしてエルマはこのまま結婚し、トールたちと決別してしまうのだろうか…

 

【第106話 エルマと結婚Ⅰ】
 トール敗北の後、改めて小林家で話し合いの席が設けられることに。テルネは調和勢の現状を説明し、エルマの結婚の意義を滾々と小林さんに説くが…
 以下、つぶやき集。
・うん、こいつは無視で良い。
・おいおい…
・そう簡単に手綱握れる相手か?
・あれ?この娘テルネには見えてんの?
・やっぱり辰沢さんそうだったか。
・小林さん、地味にこだわってたんだね。
・うぉいそこかい。
・お、うまく時間を作ったな。
・これは…フラグか?
・まあそうだろな。
・構わん、ヤレ。

【第107話 エルマと結婚Ⅱ】
 エルマの縁談の相手に不信感を抱いた小林さんはテルネを問いただす。誤解を解くため、テルネは縁談相手直々に小林さんに説明させるが…
 以下、つぶやき集。
・いやいやそれは…
・ああ、そういうこと。
・死んだ魚の目発動。
・そりゃそうだわな。
・ああ、そう言えばコイツもそうだったな。
・ナリがそのまんまだからな。
・小林さん、やっぱり染まってんな…
・おいおいそれ言っちゃあ…
・それで良いのかい?お二人さん。

【第108話 エルマと結婚Ⅲ】
 テルネが派閥の結束にこだわるのには、過去の苦い失敗があった。エルマの縁談相手、ジダも同じ経験をしており、テルネに表では同調していた。
 以下、つぶやき集。
・なんとなくそんな気はしていたよ。
・もう1つの首はどう思ってるんだ?
・もう普通にいい子なんだよな。
・トール次第、か。
・だよな。
・一計を案じた。
・さあ、どうする?トール。
・ん?ファフッさん?
・わかるよファフッさん、その気持ち。

【第109話 エルマと鳴り響く音】
 約束の2週間が過ぎ、予定通り元の世界に帰還したエルマとテルネ。自身が回想する内に準備は進み、いよいよ挙式開始。しかし式の終盤、エルマはにわかにある匂いを感じ取り…
 以下、つぶやき集。
・無意識、か。
・特典映像で小林さんが「エルマってほんといい子だよね」って言ってたけど、今になってつくづく思う。エルマはほんとにいい子だ。いい子過ぎて周りの空気を読んで、自分でレールを敷いてしまったわけだ。
・あれ?ルミネースって前に騙されてたあの老竜?
・もうヤケになってるじゃないか。
・すげえ…エルマの食欲を誘発して本音を出させた。
・さあぶち壊せ、トール。

【第110話 トールと重婚】
 突如式場に姿を現したトール。戦力増強を狙う調和勢の目論見を絶つ、という体で式をぶち壊し、襲い掛かる屠龍派を難なく返り討ちにしていく。そしてこれらはすべて、小林さんの作戦だった。
 以下、つぶやき集。
・もちろん、小林さんがそんな短絡なことをトールにさせるわけがない。
・ブラフだよ、テルネ。
・気づいた。
・トールたちにとっちゃ一瞬だな。
・あれ?ルコアさん?
・いや、そんな難敵ではないのでは?

【第111話 トールとジダ】
 小林さんの作戦通り、挙式のぶち壊しに成功したトール。しかし、その先には縁談相手のジダが待ち受けており…
 以下、つぶやき集。
・そらそうだ。関係ないな。
・前言撤回。
・うん、こうなる気はしてたよ。
・あれ?そうなの?
・うん、これは想定外だと思う。
・なるほど、主人格なら上ってことか。
・誰?
・調和勢No.1?
・ありゃ?もう一回戦?

【第112話 テルネとエルマとトール】
 上位格のジーを倒し、主人格に屠龍派への説得を約束させたトール。これで一件落着かと思いきや、トールの脅威を確実なものとすべく、テルネが一戦交えることを提案する。
 以下、つぶやき集。
・あ、結局力任せなのな。
・ありゃ?情報提供者は辰沢さん?
・ん?ファフッさんは何をしたんだ?
・つえーなおい。
・ええ…
・お、また何か思いついた。
・確かに斬新だ。
・あれ?
・あれえ??
・あれええ???
・いやでか。

【第113話 エルマと満腹】
 テルネとの一発勝負の末、小林さんのいる世界に戻り、会社に復帰したエルマ。同じ世界のビルの屋上には、テルネと終焉帝の姿もあり…
 以下、つぶやき集。
・そここだわる?
・いやいや死んじゃいないだろ。
・やっぱりな。
・神剣ちゃんもう普通に出てきてるな。
・今となってはもうそういう問題でもない気も…
・今更な気もするが、あんたら2人が普通に会って話し合っている時点でどうなのさ。
・貢がれるのはそうだな、過去を想起させてしまうか。
・まあ、そんなものか。

【第114話 カンナとイルルとテルネ】
 エルマの結婚騒動後、小林さんとトールが旅行に出かける間にカンナとイルルが留守を預かることに。厳しい二人がいない間にハメを外そうと目論むが、入れ違いでテルネが来訪し…
 以下、つぶやき集。
・意表を突いたつもりが。
・これぞ余計なお世話。
・あ、やっぱりそうなのね。
・スマホは知っててカップ麺知らんの?
・抜け目なし。
・いろんな意味でグレーだなこのばあさん。
・嘘つけ嘘を。
・寿命て結構デリケートなのでは?

【あとがき】
・あれ?案外そういう感じなの?
・てかエルマは気づいてんの?

終わりに

 これでまた1つ、小林さんを取り巻くドラゴンの大きな懸念事項が解消された。

 この後に長編を作るとしたらルコアさん関連だろうか?

 ファフッさんは…無いな。

 ここからはまたしばらく日常回が続くだろうから、次の長編までまた賑やかな日常を堪能することにしたい。

 

 END


コメント

タイトルとURLをコピーしました