【Mr.Children】お気に入り曲集~社会風刺ロック編②~

Mr.Children

 前回

の続き。

 前回はシングル曲を紹介したが、今回はアルバム曲から紹介していく。


タイムマシーンに乗って

Mr.Children 「タイムマシーンに乗って」 MUSIC VIDEO

 1997年発売のオリジナルアルバム「BOLERO」の収録曲。
 一人の「愚かなるシンガー」の現代日本に対するぼやきを綴ったロックナンバー。

 最初にこの曲を知ったのはドキュメンタリー作品「Split The Difference」のライブCDを聴いたときだった。

 軽快に響くホーンが加わったお洒落な演奏と歌詞とのギャップが気に入り、そう時間もかからずにお気に入りのパフォーマンスになった。

 Mr.Children主催の大型ツアーでは「regress or progress ’96-’97」以来披露されておらず、一度は生で聴きたい一曲である。


管理下の教室で 教科書を広げ
平均的をこよなく愛し
わずかにあるマネーで 誰かの猿真似
それが僕たちの世代です

Mr.Children「タイムマシーンに乗って」

アンダーシャツ

 1999年発売のオリジナルアルバム「DISCOVERY」収録曲。
 ラップ調の歌詞に現代社会への皮肉をこれでもかと詰め込んだロックナンバー。

 映像化されたパフォーマンスは「TOUR ’99 DISCOVERY」のみだが、こちらはあまり観ない。
 お気に入りのパフォーマンスは「1/42」「Split The Difference」で、いずれも映像なしのライブ音源だ。

 「1/42」はCメロのギターソロが「TOUR ’99 DISCOVERY」よりも私好み。
 ちなみにこのギターソロ、いつぞやのテレビ番組で桜井さんが「このときのギターソロがベストパフォーマンス」と言っていた。

 そこから11年の歳月を経て披露されたものを収録したのが「Split The Difference」。
 アレンジが加わっているが、Cメロのギターソロは健在だ。



食って 飲んで 眠って 起きて
生まれて 生きて 死んで 魂よ癒えよ
心はいつでも 真っ白なアンダーシャツ
冬でも夏でも 真っ白なアンダーシャツ

Mr.Children「アンダーシャツ」

終わりに

 社会風刺ロックはとりあえずここで終了。
 線引きが曖昧な気がするが、次回はより暗い曲調のダークロックを中心に紹介しようと思う。

 

 END

 

 ※追記
 ダークロック編を執筆。


コメント

タイトルとURLをコピーしました