【Mr.Children】お気に入り曲集~90年代編②~

Mr.Children

 前回

からの続き。

 今回は、Mr.Childrenの代名詞と言っても過言ではない大ヒット曲3曲を紹介する。
 もしかしたらMr.Childrenを全く知らない人でも、一度は耳にしたことがあるかもしれない。


innocent world

Mr.Children 「innocent world」 MUSIC VIDEO
 1994年発売の5thシングル。
 オリコンでの週間チャートで初めて1位を記録し、Mr.Childrenを名実ともに邦楽界のスターたらしめた名曲の1つだ。
 最終的には、彼らのシングルでは3番目に高い193万枚を売り上げた。
 
 紹介したいパフォーマンスは2つ。

 1つは「”HOME” TOUR 2007 -in the field-」でのパフォーマンスだ。
 このライブでは過去の名曲がこれでもか披露されたのだが、本編ではこの曲は披露されなかった。
 そのままアンコールの1曲目が終わり「今回は披露しないのか」と思わせたところで、田原さんのイントロが流れ出す。
 観客のボルテージは無論MAX、圧巻とはこのこと。 

 2つ目は「Stadium Tour 2015 未完」でのパフォーマンスだ。
 このツアーから半音下げてのパフォーマンスが主体になっていく。
 最初は違和感があったが、何回か聴いている内になくなってしまった。
 ハイライトは大サビの観客の大合唱。
 大雨にも関わらず、その雨音を掻き消す大音量の合唱は画面越しでも鳥肌ものだ。

入り組んでる 関係の中で いつも帳尻 合わせるけど
Ah 君は君のままに 静かな暮らしの中で
時には風に身を任せるのも いいじゃない

Mr.Children「innocent world」

Tomorrow never knows

Mr.Children「Tomorrow never knows」 Tour2015 未完 Live

 1994年発売の6thシングル。
 Mr.Childrenのシングルの売り上げ枚数で歴代最高の276万枚を叩き出した。
 おそらく、Mr.Childrenの中で最も有名な曲だろう。

 正直、最初に聴いた中学生の頃は好きな方ではなかったが、最近になって身に染みてきている。
 特に「Against All GRAVITY」で初めて生歌を聴いたときは感動しっぱなしだった。
 大人になると曲の印象が変わる現象をまざまざと体感した、初めての曲である。

 個人的ベストテイクは「STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-」でのパフォーマンスだ。

 このパフォーマンスを選んだのには、かなり個人的な事情が絡んでいる。
 この曲を初めて知ったとき、当時最も直近でこの曲が披露されたのは「”HOME” TOUR 2007 -in the field-」だった。
 だが、このときはアレンジバージョンの演奏で、個人的にあまり好みではなかった。
 
 いつか「今の」桜井さんが原曲バージョンで歌うところを見たい。

 そう思い続けて4年、ついに「SENSE -in the field-」でこの曲が原曲通りに歌われた。
 セットリストも相まって、画面越しではあるが、初めて鑑賞したときは感動しっぱなしだった。
 今でも、原曲はほとんど聴かず、この曲を聴く際はこのパフォーマンスの音源ばかりを聴いている。

果てしない闇の向こうに oh oh 手を伸ばそう
癒える事ない傷みなら いっそ引き連れて
少しぐらい はみだしたっていいさ oh oh 夢を描こう
誰かの為に生きてみたって oh oh Tomorrow never knows
心のまま僕はゆくのさ 誰も知る事のない明日へ

Mr.Children「Tomorrow never knows」

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

Mr.Children「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」from TOUR 2017 Thanksgiving 25

 1995年発売の9thシングル。
 ノンタイアップながら181万枚を売り上げた、Mr.Childrenきってのキラーポップチューン。

 しかし以前は桜井さん本人が「やりにくい曲」と公言しており、演奏頻度はかなり少なかった。
 今でも、滅多にお目にかかれないレア曲と認識されており、人気度の高さも相まって披露された際の観客のボルテージは数段階アップする。

 個人的ベストテイクは「ap bank fes ’12 Fund for Japan」でのパフォーマンス。
 Mr.Childrenの単独ライブではないが、場所も時間帯も含め、このライブでのパフォーマンスが文句なしのベストテイクだと思っている。

 演奏場所は淡路島
 1995年の阪神・淡路大震災の折、Mr.Childrenはこの曲のCD売上金と印税を全て震災の義援金に充てた。
 それから17年の時を経て、その支援先での演奏が実現したわけだ。

 そしてハイライトは演奏の後半。
 Cメロの途中で、桜井さんが空を指さす。
 そこには夕陽に照らされ明るく輝く
 このできすぎた演出には感服するしかなかった。
 この人たち、持ってるものが違うと。

運命のイタズラってやつも考慮して
Ah… 照準を絞ってステップアップしたい
そう祈って眠るだけ

Mr.Children「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」

 

 下記に続く。


コメント

タイトルとURLをコピーしました