【Mr.Children】お気に入り曲集~思い入れの深いバラード編②~

Mr.Children

 前回

の続き。

 続いては、個人的バラード二大巨頭の登場だ。


しるし

Mr.Children 「しるし」 MUSIC VIDEO

 Mr.Childrenを代表する本格バラード。
 緻密に練り上げられたメロディや、軸はぶらさずに様々な解釈が可能な歌詞など、桜井さんの本気を垣間見れる1曲だ。

 ライブでの個人的ベストテイクは「Split the Differnce」に特典映像として収録されているパフォーマンスだ。

 最初はアコースティックギター、ピアノ、ストリングスによるスローテンポな演奏で、2番からバンドサウンドが加わる。
 曲の良さを存分に引き出し、かつ原曲がもつ良さも失われていない、ちょうどいい塩梅のアレンジだ。

 基本原曲はあまり聴かず、もっぱらこのバージョンを聴き倒している。


泣いたり笑ったり
不安定な想いだけど
それが君と僕のしるし

Mr.Children「しるし」

365日

Mr.Children「365日」Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

 「抱きしめたい」にも引けを取らぬ、ドストレートなラブソング。
 収録アルバムである「SENSE」発売前にCMで先行公開、そして「DOME TOUR 2009 ~SUPERMARKET FANTASY~」にてフルバージョンが初披露され、ほどなくしてMr.Childrenを代表するバラードとして定着した。

 最初に聴いたときはそこまで響かなかったが、最近になって改めて原曲を聴き直した際に感銘を受け、だんだんと聴く回数が増えている。

 現時点では原曲を超えるパフォーマンスは出ていないが、ライブの中ではやはり「DOME TOUR 2009 ~SUPERMARKET FANTASY~」がベストアクトだ。
 
 本編ラストを「終わりなき旅」で締め、アンコール1曲目に何を出すのか観客が胸を躍らせる中で突如流れ出すSE。
 今ではお馴染みになっているSEによる演出も当時は珍しく、私も含め観客の高揚感を高めるものだった。
 そして最後に表示される「365日」の文字とともに演奏されるピアノの音に、初めて鑑賞したときに非常に興奮したのを覚えている。

君に触れたい
心にキスしたい
昨日よりも深い場所で君と出逢いたい

Mr.Children「365日」

 

 続きはこちら。


コメント

タイトルとURLをコピーしました