「平成」の終わりにあたり

 もうじき、平成が終わる。

 明日には「令和」に変わるわけだが、正直まだ実感がわかない。

 しかし、天皇陛下の最後のおことばを聴いたときは、ただただ「こちらこそありがとうございました」と感謝の気持ちがこみ上げてきた。

 私たちの心に寄り添い続けてきた姿は、まさしく「国民の象徴」そのものだったと思う。

 おこがましい言い方かもしれないが、私にとっての「第二のおじいちゃんとおばあちゃん」のような、そんな身近に感じられる存在だった。

 

 天皇・皇后両陛下。

 30年間、本当にお疲れさまでした。

 そして、30年に渡って、全霊で私たちに向き合い、寄り添って下さり、本当にありがとうございました。

 どうかこれからは、お体に気を付けて、ゆっくりお休みください。

 ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました