【書評】横山光昭「はじめての人のための3000円投資生活」②

書籍

 前回

の続き。


注意点

 本書を購読するにあたって、いくつか注意点がある。

 

 1つ目は前回の記事でも述べた通り、本書における投資は「貯蓄ができる人」を対象にしているということ。

 3000円投資でお金を増やすことはできるが、その増やしたお金で赤字の家計を黒字にしたり、借金を返済することを目的とはしていない。
 (そもそもこれらの行為は「投資」の目的として不適である。)

 3000円投資の目的は、(例え現在の貯蓄が0であっても)貯蓄体制が整った人が少しずつお金を増やし、将来を豊かにするためのお金を作ることである。

 そのため、その貯蓄体制が整っていない場合は、家計を見直して支出を減らしたり、夫婦の場合は共働きを検討するなど、家計を黒字化することに専念するべきである。

 この「家計を黒字化するためのノウハウ」はすでに横山氏によって書籍という形ですでに世に出ているため、興味がある人は読んでみると良いかもしれない。

 私は運良く、すでにこの貯蓄体制を確立した生活を送っているため、すぐに3000円投資生活を実施できる状況であった。
 このことも、私が投資の開始に踏み切った大きな要因である。


  

 2つ目の注意点は、長期投資を前提にしていることである。

 最低でも5年、長いと10年は同じ金融商品を運用し続けることになる。

 そもそも3000円投資は「将来を豊かにするためのお金を作ることが目的」であるため、即時ハイリターンを求めるものではない。

 運用期間が長くローリターンだが、その分ローリスクでお金を増やせることがメリットだ。

 3000円投資を始めたからと言って、すぐにまとまったお金が手に入るわけではない。

 

 3つ目は、1000万円貯めるには月3000円では足りないということ。

 厳密に言えば、月3000円で1000万円を貯めることは不可能ではないが、この場合70年以上の年月が必要となってしまう(複利回り3%として概算)。

 本書では8年で1000万円貯蓄した実例が紹介されているが、この事例では月3000円の投資額を、途中で数万円に増額している。

 本書冒頭の「数年で数百万の貯蓄に成功した」という事例紹介だけを見て、「3000円だけで数百万貯まるんだ」と早とちりしないように。

 本書にも明記されているが、3000円投資生活は、投資を始める「きっかけ」に過ぎないのである。

終わりに

 個人的に結構読みやすく、1日で読み終えてしまった本書。
 だが初期投資に関連しない箇所は精読していないため、時期を見て読み直そうと持っている。

 本書をきっかけにとうとう投資生活を開始したわけだが、どうなるだろうか。
 変な欲を出さずにコツコツと積立を継続できるのか、正直心配なところではある。

 早いところ、投資のルールを決めた方がよさそうだ。


 END


コメント

タイトルとURLをコピーしました